蝙蝠と蛞蝓の宴映画
> 『ピアノチューナー・オブ・アースクエイク』
piano.jpg

美しい歌姫マルヴィーナの声に魅せられた天才科学者ドロスは、彼女を誘拐して、自らが発明した奇妙な演奏機械人形のコレクションに加え、それによって破壊的なオペラ演奏を行おうと企てていた。機械人形の調整のために呼ばれたピアノ調律師フェリスベルトは、その恐ろしい計画に気づき、マルヴィーナを助けようと試みる…。

『ストリート・オブ・クロコダイル』('86)が日本のアート・アニメーション・ブームの先駆けとなる大ヒット上映を記録して20年。双子の異才クリエーター、人形アニメの巨匠ブラザーズ・クエイが、彼らの大ファンと公言しているテリー・ギリアムを製作総指揮に迎え完成させたのが本作。幻想文学の巨匠ボルヘスが“完璧な小説”と呼んだ、カサーレスの「モレルの発明」、そしてルーセルの「ロクス・ソルス」を原案にしている。クエイ兄弟の真骨頂である独自のアニメーションと実写が融合し、絵画のような美しい狂気がスクリーンに咲き乱れる。


公式サイト: 『 ピアノチューナー・オブ・アースクエイク 』 10月18日よりシアター・イメージフォーラムにて上映中。

ブラザーズ・クエイの最新作であり製作総指揮にはテリー・ギリアム!来週、観に行きます。
2008.10.25(14:18)|映画コメント(2)トラックバック(1)TOP↑
こここ、これは面白そう!音楽も良いですね。
わたしも観に行こう思います。
From: 君にひつじ * 2008.10.25 19:58 * URL * [Edit] *  top↑

面白そうですよね!
物凄く好みそうなので今から楽しみです。
誘ってくれた方のおかげで上映期間を逃さないで済んだと感謝してます。
From: 古谷 葵 * 2008.10.26 01:56 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可

この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
The Pianotuner of Earthquake@渋谷・シアターイメージフォーラム、クエイ・ブラザーズ監督(2005年イギリス=ドイツ=フランス) 「ストリート・オブ・クロコダイル」(1986)が日本で上映されるとカルト的な人気を呼び、その後にアート系アニメへの関心をもたらすこと
2008.10.31(Fri) 22:16:46 |  マガジンひとり
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon