蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 少女というオブジェへの執着> 蝙蝠と蛞蝓の宴少女
> 少女というオブジェへの執着
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
少女愛と少年愛は等しくわたしの好物ではあるのだけれど、少女に対する見方が、同性であるという性別認識からノスタルジー、思春期の過渡期の危うさへの憧憬、喪失する以前に自身には持ち得ることがなかったファンタジー、として愛しているとするならば、少年に対しては、男性の視線を通しての少年性を愛でていることが大きな違いになるのだと思う。

稲垣足穂の視線を通しての少年愛、江戸川乱歩の視線を借りての少年美。

少年個体としてではなく、男性が少年に対してノスタルジーを含めながら美しさの憧憬を語ることによって、その少年は特権的少年としてわたしのなかで崇拝対象と化していく。
つまりは男性が少年性に美を見出している図そのものが、わたしにとっての“少年愛”という形なのだ。
この、自身の視線を直に向けるか、異性の視線を借りて向けるか、の差がわたしに少女への執着心をより強く齎せている理由のひとつでもあるのだろう。

先日、『エロティクス・エフ』の最新号を買って読んでいたら、中村明日美子さんの新連載「ウツボラ」に出てくる女の子が、あまりに可愛くて綺麗で「なんだ、この理想形は!?」と動揺しながらも感動してしまった。
実際にこんな少女がいたならば、愛するあまりに狂ってしまうに違いない。

しかし、実際に狂うとまではいかなくても、心がざわついて惹き込まれてしまう女の子はいる。
それは容姿や精神や才能や、またそのどれでもなく女の子という年齢ですらなくても、執着心を抱いてしまう人は存在する。なかなかに沢山いる。
わたしは、自身は多分ヘテロセクシャルだと考えているので(多分と言うのは今まで幻想にしか恋したことがないのではっきりと確信を持てるには体験不足なことを考慮して)、女性を性的な視線でもって見たことはない筈だ。
だけれど、異性より同性の方が心がざわつかされる機会が多い。
異性ならば、わたしが尊敬してしまうものや憧れて止まないもの、たとえ蔑む対象なものを持っていたとしても、性別の違いという認識でもって意識せずに接していられる。
が、同質の身体構造をしている同性の場合は、同じものだからこそ、同じではないことに、はっきりと気づかされてしまう。
同性には、全く安心出来る要素がないからこそ、どうしようもなく惹かれてしまうときがある。

―― この人が存在することにより、わたしという人間はまるで一塊の泥人形のような物体でしかないではないか ――

このような感覚に陥らされてしまうからこその魅力なのだ。

そして、こんなことをつらつらと考えながら、今日もわたしは少女という生き物に癒され心乱される。
2008.11.27(23:16)|少女コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。