蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 少女幻想綺譚> 蝙蝠と蛞蝓の宴展覧会メモ
> 少女幻想綺譚
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
090420a.jpg

【 -少女幻想綺譚-その存在に関するオマージュ 】
場所: BunkamuraGallery 時間: 2009年5月13日(水)~20日(水)

無知が故に美しく、その性が故に神聖な「少女」という極めて特異な感覚領域。成長するにつれ具有してゆくモラルと常識という後天的な学習性に十分に侵蝕されていないその精神は、古代から人間の深層心理に強く根付いてきました。
少女たちの無意識の中に潜む創造性と審美的感覚は、己の成長に逆行しているとも言える、大人社会への幼き抵抗や被害者意識と重なり、愛らしくも時に悪戯な行動へと導かれます。しかしそれは、精神的・肉体的共に何にも汚されることなく、潔白で純粋である事の表れに他なりません。そしてその感覚に魅了された大人たちは、飽くなき探究心を持ってして文学や芸術に少女という存在を投影させてきました。かつてルイス・キャロルが子供たちを愛し、自らの幻想の中にアリスという永遠の少女を創りあげた様に。また、日本独自のロリータファッションに象徴される、現代のサブカルチャーにもそれらの要素が少なからず影を落しているのではないでしょうか。
本展では、「少女」というイノセントでスピリチュアルな存在を通して、より現代的な感性や病理感覚、人間のカオス的イメージを、50数名にのぼるアーティストが個々の表現手段、解釈で描き出します。それは形而下と形而上の、つまり、ファッションから夢の世界までという多様な少女像を創りあげ、普遍的とも言える少女の顕在化した幼稚性と潜在化した神秘性を通して、混乱を見せる現代社会を照射します。清らかさと危うさが乱雑に絡み合う少女たちの幻想世界をご高覧下さい。


【 出展作家 】
味戸ケイコ /東逸子 /愛実 /亜由美 /石山ヒロ子 /イヂチアキコ /宇野亜喜良 /及川晶子 /大久保瞳 /大友ヨーコ /小川香織 /佳嶋 /金子國義 /北見隆 /黒木こずゑ /桑原弘明 /児嶋都 /佐竹美保 /さやか /沢渡朔 /七戸優 /真条彩華 /輔老はづき /スズキコージ /千之ナイフ /高田美苗 /高橋竜男 /建石修志 /たま /土井典 /富崎NORI /トレヴァーブラウン /中村宏 /成田朱希 /野村直子 /則武明憲 /鳩山郁子 /原マスミ /ヒロタサトミ /深瀬優子 /町野好昭 /松本寛子 /丸尾末広 /みかん /みどり根子 /美濃瓢吾 /MIMOSA☆ /ミヤケ千夏 /森口裕二 /山本じん /山本タカト /吉田光彦 /四谷シモン (敬称略)

サイト: Bunkamura
2009.04.20(07:36)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。