蝙蝠と蛞蝓の宴書籍
> 買う本
人はなぜ恐怖するのか?(ナレッジエンタ読本19)人はなぜ恐怖するのか?(ナレッジエンタ読本19)
(2009/06/03)
五味弘文

商品詳細を見る

人は何が怖いのか?「赤ちゃんを抱いてお化け屋敷に入る」「手錠でつながれる」といった革新的なお化け屋敷をつくり続けるヒットメーカーが“恐怖の法則”を解き明かす。
不安を恐怖に育ててしまう感情の仕組みとは?どうしたら恐怖を操れるのか?潜在的に人間は恐怖を求めている?――実際に人をおどかすことで導き出された新【恐怖論】、ここに誕生!
東京ドームシティアトラクションズ(旧・後楽園ゆうえんち)で毎年多くの入場客を戦慄させるプロデューサーが、「恐怖は10分が限界」「お化け屋敷の設計のコツ」といった、恐怖を操るための具体的なテクニックを明かす。「笑いと恐怖は近い」「究極のお化け屋敷とは」「グロテスクはなぜ怖いのか」など、独自の考察がおもしろい。


著者の五味弘文氏は、お化け屋敷プロデューサーとして『麿赤児のパノラマ怪奇館』で、日本で初めてのお化け屋敷のイベント化。後楽園ゆうえんち(現東京ドームシティ アトラクションズ)において、赤ん坊を抱いて歩く『赤ん坊地獄』 、手錠に繋がれて歩く『LOVE CHAIN~恐怖の鎖地獄』、本物の廃屋を移築してお化け屋敷にした『東京近郊A市~呪われた家』、死体の口の中を覗いて歯形を調べる『闇の歯科病棟』などを行い、それまでにない新しいお化け屋敷をつくり上げた方、だそうです。

『闇の歯科病棟』のコンセプト面白いですね。ちょっと入ってみたかったな。お化け屋敷などは苦手なのですが苦手だからこそ極上の恐怖を味わいに行ってみたいです。
2009.06.09(22:38)|書籍コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
私は病的な怖がりなもので、恐怖の感情を自ら操作できればどれ程楽だろうと思う事が多々あるので、
とても気になる内容です。

お化け屋敷は某夢の国のホーンテッドマンションが精々といった感じです…。
From: 毒いちご * 2009.06.09 23:32 * URL * [Edit] *  top↑

恐怖の感情、なかなかコントロールできないですよね。ゲームだってわかってても怖かったり……。
子供の頃はホーンテッドマンションですら怖がってました。
それでも時間が経つとまた恐怖を味わいたくなってしまうのが自分でもおもしろいなーと思います。
From: 古谷 葵 * 2009.06.10 21:57 * URL * [Edit] *  top↑

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2009.06.16 04:40 *  * [Edit] *  top↑

わー、そのお化け屋敷入ってみたかったです!!
お化け屋敷と人形はなにかと関係があるのですね。やばいお人形もちょっと見てみたいような……。
昔はお化け屋敷は本物が混じっててもわからないから怖いと怯えてましたが、今なら楽しめる(?)気がします。
From: 古谷 葵 * 2009.06.17 23:02 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon