蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> ナタリー・ダウ展「Hide and Sex」> 蝙蝠と蛞蝓の宴展覧会メモ
> ナタリー・ダウ展「Hide and Sex」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
090817a.jpg

【 ナタリー・ダウ展「Hide and Sex」 】
場所: ヴァニラ画廊 期間: 2009年8月24日(月)~9月12日(土)

「Hide and Sex」とは、サディズムとマゾヒズムに対して現代の日本人女性が非常に特殊化しているということを前提に、彼女達の精神世界を多角的に検討しようという試みである。
 たとえば、ともすると我々をも禁忌的な秘密裏の世界へといざなわんとするSMホテルの、あの特異な空間装飾に代表される仮想世界ともいうべき「閉鎖的ユートピア」が彼女達の精神性と密接な関係を持っていることは間違いないだろう。ただし、それがあくまで提供されたものの上に成り立っていることは留意すべきで、そういった意味で彼女達は永遠の享受者であることは無視できない。つまり、ナタリー・ダウが今回の新作展覧会で提示したいのはそういった具体的事例に基づく、より実践的なアプローチなのである。現実よりも幻想の中で生きようとしている彼女(もしくは彼)達へ。ナタリーのメッセージは、そのような現実社会を逸脱した、きわめて個人的な≪誰か≫のために発信し続けられるものなのだ。
人間の行為は全てが必然である。それらは何かしらの事実、もしくは欲望に基づく絶対的なもので、その不可避とも言うべき人間の性に、わたしをずっと魅了され続けている。現実と非現実――その境は曖昧で不明瞭で、意識下において行われるという意味ではむしろ同じものだとも言えなくはない。今回は、そのあやふやな〈虚〉と〈実〉の間を揺れる、極めて抽象的な感覚の視覚化を試みた。もちろんそれは非常に実験的なものであったことはいうまでもないだろう。茫洋とした中で模索を続けながらも、旧来の技術に基づいた新手法を用いて、「写真」という媒体をさらに次のものへと昇華させる。それが、わたしが考える一芸術家としての使命なのである。

(NATHALIE DAOUST)ナタリー・ダウ


2009.08.17(21:28)|展覧会メモコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。