蝙蝠と蛞蝓の宴展覧会感想
> ヘンリー・ダーガー展
今日は原美術館でヘンリー・ダーガー展。スパンアートギャラリーで鳩山郁子展。ヴァニラ画廊で人造乙女博覧会を見てきました。

ヘンリー・ダーガー展では色々と思うところもありました。元々、わたしにとってのダーガーの魅力とは、作品そのものと同じくらいに、その背景の物語への憧憬が強いです。孤独な一人の男が小さな部屋でひとつの世界を構築していったという事実。そしてその構築された世界とは、外界と全く隔絶されたものというわけではなく、コラージュやトレースなど世界に氾濫するカケラを集め、それをピースのように自らの王国に当て嵌めて造られていたということ。『創造』ではなく『世界の再構築』と言えるのだと思います。少女たちを自由にメタモルフォーゼさせ自由に惨殺する。ダーガーは孤独な人間でありながら、神でもありました。作品の色やバランスなどにも感嘆するものがありますが、やはり、その物語の部分に強く惹かれます。

今回の展覧会が開かれるとなってからの、各誌上メディアなどでのダーガーの取り扱われ方には少しの違和感は覚えていました。例えば、『装苑』での“カワイイ”特集に取り上げられているのを見たときは「カワイイになるのかあ…?」と思ったりしました。実際に今日行ってみて、それらのことが腑に落ちた気がします。というのも、展示されている中にダーガーの特色の一つともいえる残虐なイメージの作品はなかったからです。美術館の方に理由を聞いてみたところ「今回の企画としてはダーガーの夢の世界をみせたいということで、凄惨な作品は避け平和的な作品を選びました」との返答を頂きました。

「そういう売り方か」というのが正直な感想です。穿った見方なのかもしれません。でも展示する側が恣意的に作品を選別することはいかがなものかと思います。*1

以下に澁澤龍彦『快楽図書館』の「ユートピアとは「探す」ものか?」からの引用。

佐々木斐夫氏の述べている通り、「過剰な自信や過度の不安感や危機意識は、いずれも歴史の正当な進展に添って図られるべき社会形成のためには、生産的な要因とはなり得ない」であろう。当たり前である、だからこそ、ユートピアとはつねに非生産なのであり、非生産的でなければならないのだ。


世の中には、生産亡者としか名づけようのない人間がいるらしい。生産的なものはすべてよしとする信仰の持主である。彼らは、非生産的を怖れるあまり、文学や芸術まで、生産の概念で律しようとするから始末が悪い。


ヘンリー・ダーガーはまさしく非生産的なユートピア人間と呼べるのです。

*1:作品選びの時点で恣意的にならざるおえないこともわかりますが、本質そのものを隠蔽の形で歪めてよいのかということです。

2007.06.30(00:00)|展覧会感想コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon