蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 展覧会の感想> 蝙蝠と蛞蝓の宴展覧会感想
> 展覧会の感想
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑

昨日の感想の続き。

鳩山郁子展、素晴らしかったです。実際に見ると線の描き方が本当に美しくて繊細でした。ご本人が途中でいらしたのでポストカードにサインを頂いてしまった!色はアクリルなのですか?と聞いたところアクリルガッシュを使ってますとおっしゃっていました。ずっと水彩かと思っていたので、こんなに丁寧に塗り込まれていて、透明感が出ていることに驚き。纏足の新しい本が出たという情報まで教えて頂き、とても気さくで可愛らしい綺麗な方でした。感動です。

ヴァニラ画廊の『人造乙女博覧会』は予想以上に人が溢れてて苦しかった。最終日ということもありますが、さすがに人気ですね。これがあのオリエント工業か…、とよくわからない感動を覚えながら、人の間をすり抜け鑑賞してました。ただ、展示の仕方はもうちょっと工夫してみても良かったと思う。造形美だけでなく機能的なところがあってこそのラブドールじゃないのかと。解体したり切断面をみせたりとかは駄目だったのかな。中身はこうなってます、とかが欲しかった。でも真に愛好してる方には冒涜にしかならないのかもしれません。

全体の感想としては、鳩山郁子展が一番良かったです。また行きたい。

2007.07.01(00:00)|展覧会感想コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。