蝙蝠と蛞蝓の宴スポンサー広告
> 嗜好対象> 蝙蝠と蛞蝓の宴思考文章
> 嗜好対象
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
少年、少女、人形、両性具有、これらの言葉はもう10年以上わたしを捉え続けている。しかしわたしが、少年愛者、少女愛者であるのかと問うならばそれは違うのだろう。実践を伴わないから名乗れないのだという訳ではない。稲垣足穂の少年愛を「飛ばない飛行機」に例えた澁澤龍彦の言葉のように、形而上でしかない愛であったとしても、名乗ることは可能に違いない。
結論を言ってしまうとわたしは、“客体として消費され尽くし人格を他者の願望を通してしか顧みられることがない存在”を愛しているのである。そのような存在であるという最もわかりやすい記号としての“少年”“少女”に惹かれているのだ。余剰なものを削ぎ落とし、過剰な理想を託して、視線によって濾過し、対象を人形化することによって、欲望は満たされる。
従ってわたしは自らを名乗るときには人形愛者だというのが最もしっくりとくるのではないかと思っている。

最後に残っている“両性具有*”という言葉、存在は、わたしにとっての聖域に近い。ネバーランドがどこにもない国だから永遠に憧れ続けられるように、けっして有り得ないから美しい。絶対に手に入ることがない完全な存在に、安心しながら恋し続けている。

両性具有になぜ魅了されているのかは、以前に[両性具有考]としてエントリをあげたこともあるが、語り尽くせていないことも多いので、また違う視点からも書くことが出来たらと思う。

そして、いつまでもいつまでも、これらの言葉に魅了され翻弄され続けていきたいと願っている。

*(ここで記している両性具有とは性分化疾患者を指してる訳ではなく、物語上、もしくは観念上の両性具有者を前提としています)
2009.10.18(22:20)|思考文章コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。