FC2ブログ
蝙蝠と蛞蝓の宴思考文章
> イメージ

中世のお城にあるような、やや錆びついた鎧はかっこいい。

インテリアで錆びたような色合いをわざと塗ることもあるように、サビは機能を損ねるけれど、なかなか威厳が出てかっこよくなったりもします。

だから、それを目指したいと思いました。たとえ燦燦と輝く太陽に照らされた大通りを歩いていなくとも、薄暗い日陰の小道に居場所を見出したとしても、かっこよく錆びれるのならそれも良しだと。

でも、サビなくてカビました。大誤算です。じめじめした自分の内面を見つめればカビるのはわかりきったことだったのに。愚か者ですが、もう取り返しはつきません。

黴はかっこ悪いよ。

2007.08.30(00:00)|思考文章コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

古谷 葵

Author:古谷 葵

Blog title:
Koumori to Namekuji no Utage

箱詰人形などとも名乗っております。
怠惰な日々を過ごし中。
twitter:@hako_guru
mail:hako.zaregoto@gmail.com

猟奇唄
猟奇唄 (上) コシーナ文庫
猟奇唄 (上)間 武

三行詩集『猟奇唄』の表紙絵と挿絵を描かせていただいてます。
取扱書店:ジュンク堂池袋店/大阪中崎町・書肆アラビク/アマゾン
Dodgson Vo.1
◆Dodgson Vo.1 「漂流少女」◆

幼女に関する短編小説&考察を寄稿させていただいています。
書肆CAVE
箱詰人形セレクト

ギャラリーCAVEさまのオンライン古書店<<書肆CAVE>>にて、わたくし箱詰人形がセレクト致しました“箱詰人形セレクト”なるカテゴリを設けていただいております。
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
Ajax Amazon